障がい福祉事業

障がい福祉サービスとは

障がい福祉サービスには、障がいのある人々の障がいの程度や状況に応じて個別に支給決定が行われる「障がい福祉サービス」と、市町村によって実施される「地域生活支援事業」とがあります。

「障がい福祉サービス」は介護の支援を受ける「介護給付」と訓練等の支援を受ける「訓練等給付」に分けられ、それぞれ利用するためのプロセスが異なります。

サービスの利用方法

  1. 市町村の窓口に申請し、障がい支援区分の認定を受ける
  2. 「サービス等利用計画書」を指定特定相談支援事業者に作成してもらう
  3. 市町村は障がい支援区分、本人・家族の状況、利用意向、サービス等利用計画案を踏まえて、サービス支給量を決定する
  4. 決定内容に基づき指定特定相談支援事業者にサービス等利用計画を作成してもらう
  5. 申請者はサービス提供事業所と契約を結び、サービスの利用を開始する

 

特定非営利活動法人たんぽぽの丘で行っている障がい福祉サービス

生活介護

就労継続支援B型

就労移行支援

児童発達支援

放課後等デイサービス

 

くわしい内容は各事業所のページをご覧ください。



 

特定非営利活動法人 たんぽぽの丘